中日・与田監督 借金完済のナインねぎらう、さらなる上位見据え「これで終わりではない」

[ 2020年10月12日 21:46 ]

セ・リーグ   中日3―2巨人 ( 2020年10月12日    ナゴヤD )

<中・巨>2回、阿部の同点2ランに沸く中日ベンチ (撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 中日は巨人に連勝し、7月2日以来となる勝率5割に復帰。与田監督は「連戦の中、選手がよく頑張っている」とナインをねぎらった。

 先発・福谷が6回無失点&決勝打と投打に活躍し、指揮官は「バランスが悪い中、よく立て直し、ピンチをしのいでくれた」と評価。

 7回以降は福、祖父江、R・マルティネスの勝利の方程式が1点のリードを死守。3人とも走者を背負う苦しいマウンドだったものの「次の1点が勝負を決める展開で点が取れず、投手陣がよくしのいでくれた」と賛辞を贈った。

 9回は守護神のR・マルティネスが2死二塁と一打同点のピンチを迎えたものの、最後は立岡を見逃し三振。与田監督は「ヒヤヒヤしなかったと言えばうそになるが、絶対勝てると見ていた」とうなずいた。

 借金を完済し、13日からは2位・阪神と戦う。「まだまだ先はある。これで終わりではない」と与田監督。さらなる上位進出を目指し、必勝を誓った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月12日のニュース