岸川勝也氏 ロッテ・美馬の心打ち砕いたソフトB・周東の「3凡打」

[ 2020年10月12日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク3―0ロッテ ( 2020年10月11日    ペイペイD )

<ソ・ロ>4回、遊撃適時内野安打を放つ周東(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 【岸川勝也 視点】凡打のはずがヒットになる。相手にとってこれほど嫌なことはない。ソフトバンク・周東は3安打したが、芯で捉えた打球は一本もなかった。内野安打2本と詰まった当たりの中前打。周東に手応えはないだろうが、ロッテ・美馬にダメージを与えた。2度の二盗でも揺さぶり、精神的なスタミナを削った。

 抜きんでた走力を生かすためにも課題は打撃強化。トップから一直線にバットを出せるようになれば、変化球にも対応できるようになる。難しいコースでもバットに当てさえすれば、内野安打のケースは増える。いい当たりばかりがヒットではないと思えれば、プロで長い間食っていける選手になれる。

 このカードはソフトバンクが2勝1敗と勝ち越したが、ロッテは新型コロナウイルスの影響で戦力ダウンした側面があった。2強の争いは最後の最後までもつれそうだ。(スポニチ本紙評論家)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月12日のニュース