早大・早川、「初心」で3戦連続2桁K スカウトの評価も「ぶっちぎり」

[ 2020年10月12日 05:30 ]

東京六大学野球 第4週第1日   早大7-1東大 ( 2020年10月11日    神宮 )

力投する早大先発の早川(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 1回戦2試合が行われた。今秋ドラフト1位候補、早大の1位候補・早川隆久投手(4年)は東大を相手に7回1失点、13奪三振で勝利に貢献。チームは3勝2分けでポイント4とし、慶大に並んで首位に立った。

 先発では3試合連続2桁となる毎回の13奪三振。それでも、早川は納得してなかった。

 「50点。初回の入りが良くなかった」。初回に1点を先制された。「東大は初球からどんどん振ってくる打者が多いので慎重にいきすぎた」。前日までの雨の影響からか「マウンドがいつもと違って少し軟らかい感じがした」と言うが、ここからが腕の見せどころだ。

 「初心に帰る」と決心し、最速150キロの直球を中心に立て直した。普段は6歩半の歩幅を「ほんの少し。6・25歩くらい」に狭めてマウンドに対応。2回以降は得点を許さず、1―1の5回2死二塁では自ら勝ち越しの左前適時打を放った。

 今秋は4試合(救援1)で26回2/3を投げ、46奪三振。奪三振率14・78、防御率0・34と圧倒的な数字が並び、視察した楽天の沖原佳典スカウトは「今の候補選手の中で評価はぶっちぎりだと思う」とうなった。26日のドラフト会議までリーグ戦は残り3試合。慶大と並んで首位浮上に導いた早大のエースは「命懸けで(優勝を)獲りにいく」と宣言した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月12日のニュース