明大、法大のドラフト候補左腕・鈴木攻略で快勝 先発・竹田が7回2死まで無安打投球

[ 2020年10月12日 13:37 ]

東京六大学野球秋季リーグ戦 第4週第2日   明大5―0法大 ( 2020年10月12日    神宮 )

<法大・明大>4回2死、法大・中村迅を三振に仕留め雄叫びを上げる明大先発の竹田(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 明大が法大のドラフト上位候補左腕・鈴木昭汰投手(4年)を攻略した。4回に2死から4連打で2点を先制すると、6回まで8安打を浴びせてKO。

 先発の竹田祐投手(3年)は7回2死まで無安打投球を続け、6回2/3を1安打無失点の好投を見せた。

 法大は9回、前日に先発した最速155キロ右腕の高田孝一投手(4年)を投入するも、2点の追加点を許し、流れを変えることはできなかった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年10月12日のニュース