巨人・炭谷に警告 走路をふさいでいたとしてコリジョンルール適用

[ 2020年10月12日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人0―7中日 ( 2020年10月11日    ナゴヤD )

<中・巨>8回2死二塁、ビシエドの安打でホームをつく代走・遠藤。捕手は炭谷には走路妨害で警告が出される(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 0―2で迎えた巨人の8回の守備で「コリジョン」が適用されるプレーがあった。2死二塁からビシエドの左前打で二走・遠藤が本塁を狙いヘッドスライディング。クロスプレーでのセーフ判定に対して原監督がリクエストを選択した。

 リプレー検証の結果、判定は変わらず。走路をふさいでいたとして捕手・炭谷に警告が与えられた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月12日のニュース