都市対抗東京2次予選 第4代表は鷺宮製作所、就任1年目・岡崎監督「勝ててホッとした」

[ 2020年10月12日 19:46 ]

都市対抗東京2次予選第4代表決定戦   鷺宮製作所5―0東京ガス ( 2020年10月12日    大田スタジアム )

都市対抗・東京代表最終枠を完封勝利で勝ち取り鷺宮製作所ナインに胴上げされる岡崎監督
Photo By スポニチ

 鷺宮製作所が完封リレーで東京ガスを下し第4代表で3年連続15度目の都市対抗出場を決めた。

 平川裕太投手が7回無失点、2番手の野口亮太投手が2回無失点と盤石のリレー。

 就任1年目で出場を決めた岡崎淳二監督は「(第4代表決定トーナメントまでまわり)長かった。緊張感のある試合だったが勝ててホッとした」と振り返った。

 平川は「投手戦を覚悟していた。相手投手は新人だけど尊敬に値する投手」と投げ合った東京ガスの慶大出身の新人左腕・高橋を称えた。

 東京ガスは高橋が8回まで無失点の好投も打線の援護がなく、9回先頭からつかまって途中で無念の降板。2年連続で都市対抗出場を逃した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年10月12日のニュース