ヤクルト、イノーアが退団 すでに帰国「活躍できませんでしたが、チームメイトに恵まれました」

[ 2020年10月12日 11:43 ]

ヤクルトを退団したイノーア
Photo By スポニチ

 ヤクルトは12日、ガブリエル・イノーア投手(27)が退団し、帰国したと発表した。

 イノーアは球団を通じて「東京ヤクルトスワローズでは活躍できませんでしたが、ファンの皆さまから応援いただき、ありがとうございました。ここでプレーできる機会を与えていただいたヤクルト球団にも感謝いたします」とコメント。「監督やコーチ・スタッフの皆さまには大変お世話になり、チームメイトにも恵まれました。チームが残りの試合を頑張って戦ってくれることを祈っております」とメッセージを送った。

 ドミニカ共和国出身のイノーアは、オリオールズ傘下の3Aノーフォークから昨オフにヤクルトに入団。今季は9試合に登板し、0勝3敗、防御率10・13だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月12日のニュース