中日 巨人に2つ負け越しで終了、首位との差痛感 指揮官「弱かったという事実が数字に出ている」

[ 2020年10月12日 21:50 ]

セ・リーグ   中日3―2巨人 ( 2020年10月12日    ナゴヤD )

<中・巨>2回、阿部の同点2ランに沸く中日ベンチ (撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 中日は巨人との今季の対戦を10勝12敗2分けで終えた。2つの負け越しに与田監督は「強いチームには間違いない。負け越しているのは事実。巨人より弱かったという事実が数字に出ている。反省しなきゃいけないところがある」と首位チームとの差を痛感。

 その上で他球団が巨人相手に大きく負け越している中、負け越し2は善戦とも言えるが「それは周りの評価。負け越しは負け越し。他チームと比べるより1対1で見ていかないと」ときっぱり。潔く負けを認め、独走を許した事実と向き合った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月12日のニュース