阪神・球児 鳴尾浜球場マウンドで投球練習 1日以来の実戦登板へ準備

[ 2020年10月12日 05:30 ]

<阪神居残り練習>鳴尾浜球場のマウンドで投球練習を行う藤川球児(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 阪神の藤川が、鳴尾浜での残留練習で、グラウンドのマウンドから投げ込みを行った。

 小宮山ブルペン捕手を立たせて10球、その後座らせてカーブとフォークも交えて27球と、感触を確かめるように投げ込んだ。

 引退発表後初の実戦となった1日のウエスタン・リーグ、オリックス戦以来の登板に向けての調整を進めている中、「何もないですよ」と残して引き揚げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月12日のニュース