阪神・梅野 3球で3犠打 今日は「つなぎの2番」

[ 2020年9月12日 16:34 ]

セ・リーグ   阪神―広島 ( 2020年9月12日    甲子園 )

<神・広>7回無死一塁、梅野は投犠打を決める(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 2試合続けて2番をまかされた阪神・梅野が、前日とはうって変わって、小技を成功させまくった。

 初回無死一塁の第一打席に1球で犠打を決めると、おなじく無死一塁の5回にも1球で犠打を成功。さらに7回。またも無死一塁で打席にはいり、またも1球で犠打を決めた。一塁走者はいずれも1番・近本だった。

 前日は本塁打をふくむ2安打1打点でチャンスをモノにした背番号44。3連勝をめざすこの試合は3球で3犠打を決め、チャンスをひろげつづけた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月12日のニュース