中日・藤嶋 再昇格後初登板 5回適時打許すも6回は三者凡退「ファームでやってきたことできた」

[ 2020年9月12日 20:19 ]

セ・リーグ   中日3―7DeNA ( 2020年9月12日    横浜 )

<D・中>中日4番手の藤嶋(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 中日の藤嶋が1軍再昇格後、初登板。

 5回2死満塁のピンチでマウンドに上がり、倉本に初球を中前へ運ばれ2点を許したものの続く高城を中飛に打ち取った。

 それでもイニングをまたいだ6回は三者凡退に封じ「ファームでやってきたことが6回はできました。ストレートを大胆に投げることができ、テンポもよく、カーブでしっかりカウントを取ることもできました」と納得顔。「次の登板でもできるように続けていきたい」とさらなる成長を誓った。

 藤嶋は今季、2軍で開幕を迎え、7月12日に昇格。ただ、7試合に登板後、同28日に2軍落ちしファームでの調整が続いていた。今月8日に再び昇格を勝ち取り、この日が最初のマウンドだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月12日のニュース