巨人・原監督「早く追い付きたいと、最初に思った3人」ON、トーリ氏から祝辞

[ 2020年9月12日 05:30 ]

巨人・原監督 球団歴代最多の1067勝

<巨・ヤ>長嶋終身名誉監督のコメントを聞く原監督(球団提供)
Photo By 提供写真

 巨人・原監督は大きな節目の勝利を3人の偉大な先輩から祝福された。中堅のビジョンにヤンキース元監督のジョー・トーリ氏が最初に登場。解説者時代の04年にヤンキースのキャンプを訪れ「原タワー」の基となった指揮台に招かれた。松井秀喜氏と選手、監督の間柄で戦った共通点を持つ同氏は「球団史上最も多く勝ち星を積み重ねたのは偉大な功績」と称えた。

 ソフトバンク・王貞治会長は「巨人軍の監督は12球団の中でも重圧が強い大変な仕事で私も経験しているが、1067勝するというのは本当に苦労が多かったと思う。1100、1200、1300と目指して頑張ってほしい」とエール。長嶋茂雄球団終身名誉監督は「原監督、おめでとう」と左拳を握って祝福した。

 原監督は「(監督1年目に)早く追い付きたいと、最初に思った3人の監督さんからメッセージをいただけたのは大変うれしく思います」と喜んだ。影が行われた。

 ▼巨人・山口寿一オーナー 今日の勝利だけでなく一つ一つの勝利全てに重みがあるからこそ、1067勝に大きな価値があるのだと思います。原監督には、巨人軍の新たな伝説をつくっていってほしいと願っています。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月12日のニュース