マー君、ツーシーム有効活用で2勝目 9・11のマウンドに「いつもと違う気持ちもあった」

[ 2020年9月12日 12:23 ]

ア・リーグ   ヤンキース10―1オリオールズ ( 2020年9月11日    ニューヨーク )

<ヤンキース・オリオールズ>ヤンキース先発の田中将大(AP)
Photo By AP

 ヤンキースの田中将大投手(31)が11日(日本時間12日)、本拠地・ニューヨークでのオリオールズとのダブルヘッダー2試合目(7回制)に今季8度目の先発登板。5回91球を投げ3安打1失点5奪三振で、今季2勝目を挙げた。

 この日最も良かった球種にツーシームを挙げた田中。「今年ほとんど投げていなかったボールだったので。それを有効に使えたなと感じています」と振り返り、「ツーシームがいい動きをして、いいコマンドで投げられていたので。相手も前回対戦でほとんど見ていないボールだし、打者の反応も見て効果的だなと思ったので数多く投げました」と語った。

 19年前の9月11日、ニューヨークで米同時多発テロ事件が発生。「子供ながらにも朝早く起きた時にテレビでニュースが流れていた、その衝撃は今でもその映像を覚えている」と当時を回想した右腕は、「みんなのこの日に対する思いも感じるし、僕自身もそういう日に登板ということで、しかもニューヨークでプレーしているわけですし、そういう意味ではいつもと違う気持ちもありました」と明かした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月12日のニュース