西武・山川が通算150号!秋山幸二超え日本人最速498試合目

[ 2020年9月12日 20:10 ]

パ・リーグ   西武―ソフトバンク ( 2020年9月12日    ペイペイドーム )

<ソ・西>6回無死、公式戦通算150号本塁打を放った山川は記念ボードを手に声援に応える(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 西武の山川穂高内野手が、2―7の6回無死で、ソフトバンク先発・武田が1ボール1ストライクから投じた118キロのカーブを、今季21号となる左越えソロ。これで通算150本塁打を達成した。

 史上175人目で、日本人としては528試合で達成した秋山幸二より30試合速い498試合目の最速での記録達成となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月12日のニュース