筒香 先制7号ソロ!2安打2打点で大勝に貢献「こっちの投手にも慣れてきて良くなってきた」

[ 2020年9月12日 13:08 ]

ア・リーグ   レイズ11―1レッドソックス ( 2020年9月11日    セントピーターズバーグ )

<レイズ・レッドソックス>2回無死から右中間に先制の7号ソロを放ったレイズ・筒香(AP)
Photo By AP

 レイズの筒香嘉智外野手(28)は11日(日本時間12日)、本拠地・セントピーターズバーグでのレッドソックス戦に「6番・三塁」で先発出場。2回に先制7号ソロ、7回に中前適時打を放つなど5打数2安打2打点で、今季6度目のマルチ安打をマーク。打率は・200となった。チームは11―1で勝利し連敗を3でストップした。

 試合後、筒香は「すごくいい結果も出ましたし、チームも連敗止まって勝てて、本当に良い1日でした。今、本当にこっちの投手にも慣れてきて、良くなってきたなと思います。球速もそうですし、日本とは投げ方が違う投手、間合いが違う投手がすごく多いので、そこに慣れたっていうのもあると思います」と言い、左腕からのアーチについては、「もともと左が嫌っていう意識はないので、もちろん知らない投手ですし、いつもと変わらずといいますか、そんなに嫌だなとか、認識はなかったです」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月12日のニュース