マー君 5回3安打1失点5奪三振、2勝目の権利持ち降板

[ 2020年9月12日 10:09 ]

ア・リーグ   ヤンキース―オリオールズ ( 2020年9月11日    ニューヨーク )

オリオールズ戦に先発したヤンキース・田中将大(AP)
Photo By AP

 ヤンキースの田中将大投手(31)が11日(日本時間12日)、本拠地・ニューヨークでのオリオールズとのダブルヘッダー2試合目(7回制)に今季8度目の先発登板。5回91球を投げ3安打1失点5奪三振で、今季2勝目の権利を持って降板した。

 初回2死から、前回対戦で2ランを浴びていたスチュワートに右越えソロを被弾。先制点を許したが、味方打線が4点を奪い逆転した直後の2回は、1死一、三塁としたものの連続三振。3、4回は3者凡退、リードが6点に広がった直後の5回も3者凡退に抑え、勝利投手の権利を手にして降板した。

 前回登板の6日(同7日)のオリオールズ戦(ボルティモア )では、5回1/3を投げて6安打4失点(自責2)5奪三振1四球で今季2敗目(1勝)を喫し、防御率は3・38となっていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月12日のニュース