ヤクルト 1分け挟み3連敗で今季ワーストの借金12…初回の山田哲弾だけ

[ 2020年9月12日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト1―2巨人 ( 2020年9月11日    東京D )

<巨・ヤ>初回、先制ソロとなる打球を見つめる山田哲(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルトは1分けを挟んで3連敗を喫し、今季ワーストの借金12となった。

 試合は「巨人相手なのでロースコアが理想」という高津監督のプラン通りに初回、山田哲が「内角にうまく反応できた」と左翼ポール直撃の先制8号ソロ。5回に同点とされたが、岡本の打席では二塁手の山田哲が二塁ベースの後ろ付近に位置し、二、三塁間を3人で守る「岡本シフト」を敷くなど競り合った。だが、8回に勝ち越され、指揮官は「次の1点が取れなかった」と悔やんだ。

 ▼ヤクルト・スアレス(7月7日以来の先発で6回1失点も勝敗付かず)調子がよかった。どの球種でもストライクが取ることができた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月12日のニュース