阪神・近本 足で2点目もぎとった 3回三盗&悪送球で生還 マルチ安打と好守もキラリ

[ 2020年9月12日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神4-0広島 ( 2020年9月11日    甲子園 )

訂正 三盗 <神・広(15)> 3回1死二塁、近本は三盗を決める(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 持ち前の機動力で、阪神・近本が揺さぶった。1点優勢の3回。1死走者なしで先発・床田から右中間二塁打を放つと、次打者・梅野の3球目に三盗を試みた。これが捕手・坂倉の悪送球を誘う。リーグトップとなる18個目の盗塁で、2点目のホームを踏んだ。2位につける巨人・増田大との4差をキープ。今季3個目の三盗は成功率100%だ。

 常々「しっかり自分のできることをやろうと思っている」と口にする。その言葉どおり、1番打者としての役割も果たした。初回は投手強襲の内野安打を放ち、先制点をお膳立て。3回の二塁打とあわせ、9日のDeNA戦以来2試合ぶりのマルチ安打を記録した。9月の月間打率は・237とやや低調だが、これで4試合連続安打。今季打率も・280まで戻した。

 9回には、代打・正随の大飛球をフェンスにぶつかりながら捕球する好守を披露。三拍子そろった全力プレーで、甲子園球場を駆け回った。 (須田 麻祐子)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月12日のニュース