雄星、6回4失点で3敗目 初回3失点でつまずく 自身3連勝ならず

[ 2020年9月12日 13:12 ]

インターリーグ   マリナーズ3―4ダイヤモンドバックス ( 2020年9月11日    アリゾナ )

ダイヤモンドバックス戦に先発した菊池(AP)
Photo By AP

 マリナーズの菊池雄星投手(29)は11日(日本時間12日)、敵地でのダイヤモンドバックス戦に先発。6回6安打4失点で3敗目を喫し、自身3連勝はならなかった。

 初回1死一塁からウォーカーの適時三塁打で先制点を許すと、続くエスコバルの犠飛で2点目を失った菊池。さらにそこから連打を浴びて、初回にいきなり3点を奪われた。

 2回は三者凡退に抑えたが、3回に1死二、三塁のピンチを招いてカルフーンの犠飛で4点目を献上。徐々に調子を取り戻して4回からの3イニングを無失点に抑えたが、6回を投げ終えたところで降板。チームは3―4で敗れ、菊池は3敗目(2勝)を喫した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月12日のニュース