阪神・西勇 後輩に示した心意気は格別な“英才教育” 「自分も教えないといけない立場」

[ 2020年9月12日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神4-0広島 ( 2020年9月11日    甲子園 )

<神・広(15)> 6回無死、大山の好守に大喜びの西勇輝(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 【記者フリートーク】阪神の西勇は、登板2日前に鳴尾浜で入ったブルペンでは、新人の井上と遠藤を打席に立たせ、捕手も藤田に務めさせた。「完全な状態でない投球でも、(新人らにとって)目を慣らす意味ではすごく大事なこと」。自身もオリックス時代に先輩らの投球を間近で見て、参考にしてきたという。

 「シーズン中とか関わらず、そういうのって大事な経験だと思う。自分も中堅で教えないといけない立場だと思う。流すものは流したら良いし、自分でうまくピックアップしてもらえれば」。後輩らに示すエースの心意気は、1軍だけにとどまらず、将来の主力を狙う2軍の選手にも向けられていた。(阪神担当・阪井日向)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月12日のニュース