巨人大敗に光 モタ途中出場で豪快プロ1号!阿部2軍監督助言を有言実行

[ 2020年8月22日 22:49 ]

セ・リーグ   巨人4―10広島 ( 2020年8月22日    マツダ )

<広・巨>9回1死一塁、モタはプロ入り初本塁打を放ちガッツポーズ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人のイスラエル・モタ外野手(24)がプロ1号を放った。6回の守備から途中出場。2―10の9回1死一塁で薮田の初球の内角直球をフルスイングした。「直球を狙っていた。一発で仕留められた」と打った瞬間にそれと分かる豪快なアーチを、左翼席上部の防球ネットに突き刺した。

 3打席目で放ったプロ初安打が初本塁打。ファームで阿部2軍監督から授かった「直球をしっかり打てるようになりなさい」の助言を有言実行。記念球は「(母国・ドミニカ共和国の)お父さんに贈りたい」と満面の笑みだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月22日のニュース