阪神 前日692日ぶり白星の藤浪が異例のブルペン投球

[ 2020年8月22日 17:11 ]

<ヤ・神>力投する藤浪(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 21日ヤクルト戦で自身692日ぶりの白星を挙げた阪神・藤浪晋太郎投手(26)が一夜明けたきょう22日、神宮で行われた同戦の試合前練習に参加。前日に先発した投手としては異例の、ブルペンでの投球を行った。

 軽めのランニングなどで汗を流した直後、右腕は神宮球場のブルペンで投球練習を行った。前日には6回1/3を6安打4失点の力投で約2年ぶりの白星を挙げ「(勝って)ちょっと楽になれたかなと。今シーズンも勝てない投球が続いていたので、やっと勝てた気持ちが一番強いです」と笑顔をのぞかせつつ、「1つ勝っただけで喜んでもらってるようじゃダメなんで」とも語っていた背番号19。既に次回の先発に向けて、気持ちは切り替えている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月22日のニュース