DeNA・石田が2失点 今季初黒星にラミ監督「今までいい投球をしているので」

[ 2020年8月22日 05:30 ]

セ・リーグ   中日3―1DeNA ( 2020年8月21日    ナゴヤD )

<中・D>8回1死満塁、石田(手前)が遠藤に勝ち越し犠飛を打たれ、ベンチで固まるラミレス監督(中央)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 21試合連続自責ゼロを続けていたDeNA・石田が同点の8回に2点を失い、今季初黒星を喫した。抜群の安定感を誇っていた左腕だけに、ラミレス監督は「今日は残念ながら2失点してしまったが、今までいい投球をしているので」と淡々と振り返った。

 自慢の打線が松葉の前に6回のソトの適時打による1得点しか奪えず、引き分けを挟んだ連勝は2で止まった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月22日のニュース