前日頭部死球のヤクルト・村上“鉄人”9号も…守備ミス相次ぐ

[ 2020年8月22日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト4―7阪神 ( 2020年8月21日    神宮 )

<ヤ・神>5回1死、ヤクルト・村上が左越えソロを放つ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・村上の6試合ぶりとなる9号ソロも空砲に終わった。前日の中日戦で頭部死球を受け、途中交代した影響も感じさせず、5回1死から藤浪の外角カットボールを左翼席へ運び「逆らわずにうまく打つことができた」と話した。

 しかし守備では、2回無死二塁で投前犠打を吉田喜は三塁に転送。アウトのタイミングながら村上のタッチが甘くセーフに(記録は犠打野選)。さらに1死満塁で藤浪の緩いゴロを握り損ね、本塁封殺を諦め、一塁への送球も焦って先制適時内野安打となった。高津監督も「守備に(記録上は)見えないミスが出た」と苦い顔だった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月22日のニュース