広島・堂林 自己最長の4試合連続打点 今季3度目の5番起用に応えた

[ 2020年8月22日 05:30 ]

セ・リーグ   広島7-5巨人 ( 2020年8月21日    マツダ )

<広・巨(10)>5回2死二塁、堂林は一塁強襲の適時二塁打を放つ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島の堂林が、7月10日の中日戦以来、今季3度目の5番起用に応えた。

 5―1の5回2死二塁で、田口の初球のスライダーを一塁・中島を強襲する適時二塁打として、貴重な追加点を挙げた。

 「チャンスだったので積極的にいった」。これで自己最長となる4試合連続打点。17打席連続無安打に陥った一時の不振からの脱出を印象づけた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月22日のニュース