巨人・モタ、気合の丸刈りで来日初出場 四球選び原監督称賛「成長の跡」

[ 2020年8月22日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人5―7広島 ( 2020年8月21日    マツダ )

<広・巨>1軍合流を機に、丸刈りにした巨人・モタ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 19年に育成入団し、2月に支配下登録された巨人・モタが来日初出場を果たした。気合の丸刈りで合流したドミニカンは出場選手登録されて即、6回の守備から途中出場。9回先頭で迎えた初打席では7球粘って四球を選び、4点を追い上げるきっかけをつくった。

 原監督は「あの四球は大きい。春先もろかった変化球をちゃんとテークできたのは成長の跡」とボールになる変化球を見極めた選球眼を評価した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月22日のニュース