阪神・西勇 7回1失点 4勝目の権利ゲット

[ 2020年8月22日 20:37 ]

セ・リーグ   ヤクルト―阪神 ( 2020年8月22日    神宮 )

<ヤ・神>笑顔でバックに声をかける西勇輝(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神先発・西勇がヤクルト打線相手に7回1失点と好投した。

 初回1死から山田哲に中前打を浴びると、スイッチが入ったか、6回まで無安打無失点と圧巻の投球を続けた。7回1死から村上にソロ本塁打を許しても動じない。7点の大量援護を力に、116球、被安打3で7回を投げ抜き、今季4勝目の権利を手にした。

 4回2死一塁の打席では右中間へ適時二塁打を放つなど、攻守で躍動。中心選手としての役割を全うした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月22日のニュース