阪神・岩崎 公私ともに仲良し藤浪をリリーフ 692日ぶり白星守る

[ 2020年8月22日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神7-4ヤクルト ( 2020年8月21日    神宮 )

<ヤ・神10>7回を終え救援の岩崎(右)を出迎える藤浪(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 並々ならぬ重圧も強心臓左腕の阪神・岩崎には関係なかった。

 6―3から1点を返され、なお1死二塁で藤浪と交代。苦しんできた後輩の692日ぶりの白星を託され、集中力を高めた。村上には大きな飛球を打たれたが、球威が上回り左飛。エスコバーを二ゴロに仕留め、追加点を許さなかった。

 公私ともに仲のいい藤浪とは多くの言葉はいらない間柄だけに「0点で抑えることができて良かった」とクールに振り返った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月22日のニュース