巨人・田口、自己ワーストタイ初回5失点 原監督「らしからぬ」

[ 2020年8月22日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人5―7広島 ( 2020年8月21日    マツダ )

<広・巨>初回にいきなりピンチを迎えた巨人・田口(左から2人目)(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 巨人は原監督も田口自身も、初回の5失点を重く捉えた。先頭打者の四球と2連打から始まり、坂倉には右越え3ランを被弾。打者9人に38球を要してベンチに戻った左腕に、宮本投手チーフコーチが「何とかしろ」と一喝する。腕の振りが悪く、体の切れがないと感じたからだ。1イニング5失点は田口にとってワーストタイだった。

 「初回が全て。切れある球を初回の初球から投げられるようにしなければいけません」

 2回から6回までは立ち直り、今季最多の114球を投げたが失点は今季ワーストの6と3勝目は遠かった。

 チームの連勝は3で止まった。原監督は菅野に次ぐ2、3番手として期待をかける。それだけに「初回に5点を取られてうんうんとは言えない。取られ方も決して内容が良くない。らしからぬ」と指摘した。(神田 佑)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月22日のニュース