阪神 5番・大山の3ランで先制 新外国人クックから

[ 2020年8月22日 18:17 ]

セ・リーグ   ヤクルト―阪神 ( 2020年8月22日    神宮 )

<ヤ・神>初回2死一、二塁、大山は右越え3ラン(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 阪神が5番・大山の3ランで先制した。

 初回。来日初先発のヤクルト・クックから2死一、二塁の好機をつくると、大山が、1ストライクからの2球目速球を右翼席へ運んだ。高め147キロに振り負けなかった。

 8月10日のDeNA戦以来、10試合ぶり、チームトップの12号。7得点した前夜の打線の勢いを継続する、貴重な放物線だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月22日のニュース