ロッテ一夜で首位並ばれた…井口監督“柳田の前”を悔やむ「ホームランはしょうがない」

[ 2020年8月22日 20:35 ]

パ・リーグ   ロッテ2―3ソフトバンク ( 2020年8月22日    ZOZOマリン )

<ロ・ソ>4回無死一塁、柳田(左手前)に中越え本塁打を打たれた二木はマウンド上でガックリ (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 ロッテが柳田のバットに4連勝を止められ、再び首位に並ばれた。

 井口監督は「(柳田の)ホームランはしょうがない。その前の打者を出さないこと」と振り返った。

 前日の同戦でリーグ最速の30勝に到達し、8月としては50年ぶりの単独首位に立ったが、1日でライバルに並ばれることになった。

 先発の二木が4回に柳田の中越え先制2ランを浴びた。0―2の7回7回2死二、三塁で、代打のルーキー・佐藤が中前に2点同点打をはなったが、8回に3番手のハーマンが再び柳田に勝ち越し二塁打を許した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月22日のニュース