オリックス・杉本 ウップン晴らす今季初安打「今いる選手以上にアピールしたい」

[ 2020年8月22日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス3-1西武 ( 2020年8月21日    京セラドーム )

<オ・西(10)>7回、選手交代を告げ、今季初安打の杉本裕太郎に声をかける中嶋監督代行(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 今季初昇格で即スタメン起用されたオリックス・杉本が、中嶋監督代行の期待に応えた。

 同点に追いついた7回の第3打席で、今季初安打となる右前打。「自分の持ち味は打撃。今いる1軍の選手以上にアピールしていきたい」と胸を張った。

 ウエスタン・リーグでは33試合で打率・370と好調をキープしていたが、前体制では開幕から2軍暮らし。1軍昇格を見送られてきた鬱憤(うっぷん)を晴らすかのような一打だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月22日のニュース