マリナーズ雄星 また勝てず…憧れカーショーと投げ合いも4回2/3を5失点で2敗目

[ 2020年8月22日 02:30 ]

インターリーグ   マリナーズ1―6ドジャース ( 2020年8月20日 )

ドジャース戦4回途中で降板したマリナーズの菊池(AP)
Photo By AP

 憧れの左腕の前で、雄姿は見せられなかった。マリナーズの菊池は3回に一気に4失点するなど4回2/3を4安打5失点で2敗目(0勝)を喫した。「3回に尽きる。あそこでもう少し失点を防げていれば…ピッチングは100球トータルでどれだけ抑えられるかが大事」。3回無死一、二塁。9番打者を空振り三振に仕留めたかに見えたが、ファウルの判定。そこから右翼線二塁打など3安打で4失点し主導権を握られた。寝違えによる首の張りで中12日での登板。「首は100%」としたが、結果は出なかった。

 相手先発のカーショーは7回1失点。サイ・ヤング賞(最優秀投手賞)3度で日本時代から憧れていた左腕だ。「3つの球種を投げたいところに投げている。目指すべき投球」と菊池。全ての経験を糧とし、前に進む。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月22日のニュース