楽天・塩見が5回4失点「大胆にいきすぎた」と初回の4連打を悔やむ

[ 2020年8月22日 16:33 ]

パ・リーグ   日本ハム―楽天 ( 2020年8月22日    札幌ドーム )

<日・楽>5回2死、中田に本塁打を打たれた塩見(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 楽天の塩見貴洋投手(31)が22日の日本ハム戦に先発し、5回8安打4失点という結果だった。

 初回、先頭・杉谷の右前打を皮切りに松本、西川、中田に4連打を浴び、いきなり3点のビハインドを背負った。2回以降は立ち直ったが、5回には中田に右中間へのソロを被弾。この回で交代となり「悪くはなかった」としながらも「大胆にいきすぎて、ストライクゾーンで勝負しすぎてしまった」と初回の失点を悔やんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月22日のニュース