日本ハム 5回までは「ショートスターター」機能も…栗山監督、切り替えを強調

[ 2020年8月22日 06:01 ]

パ・リーグ   日本ハム1-4楽天 ( 2020年8月21日    札幌D )

<日・楽(10)>日本ハムの先発・加藤(撮影・高橋 茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムは楽天・則本昂に打線は封じ込まれたが「ショートスターター」は5回まで完璧に機能した。先発・加藤は3回無失点。2番手・村田は2回無失点で乗り切った。「2イニング目は3人で抑えることができた。加藤のナイスピッチングに続くことができた」。35歳のベテラン村田が振り返った。

 ただ6回に“誤算”が生じた。玉井が2死一塁から島内にカーブを左中間へ運ばれる。6月30日ソフトバンク戦から20試合連続無失点、その間3勝11ホールド1Sと絶好調右腕がうなだれた。

 それでも5番手・井口が気迫の投球だ。7回1死満塁で登板するとロメロを三振、浅村を二ゴロに片付けた。「あれ以上、点を取られたら厳しい場面で3、4番だったので1人ずつ勝負した。結果的に何とか乗り切れた」と胸をなで下ろした。

 結果的にチームは借金生活に突入。栗山監督は「(投手陣の)誰がどうのこうのではないけど。張り詰めて苦しかったと思う。そう言ったものを全て吹っ切って。本当に成長しているので、いい形でそれを収めてほしいなと思う」と切り出すと「先を見るのではなく、一つ一つ全力でしっかりやっていきます」と切り替えを強調した。 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月22日のニュース