阪神 ヤクルトに連勝 西勇4勝目、大山3ラン

[ 2020年8月22日 21:16 ]

セ・リーグ   ヤクルト5―7阪神 ( 2020年8月22日    神宮 )

<ヤ・神>7回1死、西浦を三邪飛に打ち取った西勇はマウンドで大きな声を上げる(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 矢野阪神がヤクルトに7―5で勝利し、連勝を飾った。

 初回2死一、二塁で大山がクックから先制の3点本塁打を放つと、4回には西勇、近本、上本に適時打が飛び出し、3点を追加した。5回にも1点を追加し、2試合続けて7得点を記録した。

 先発・西勇は7回1失点とさすがの投球を披露。8回に岩貞が青木に満塁弾を浴びて、2点差に詰め寄られたが、ガンケル、スアレスが無失点でつなぎ、なんとか逃げ切った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月22日のニュース