巨人・丸 移籍2年目で初の“マツダ弾”「いいスイングができた」

[ 2020年8月22日 23:41 ]

セ・リーグ   巨人4-10広島 ( 2020年8月22日    マツダ )

<広・巨(10)>2回1死、丸は同点ソロホームランを放ち、ナインの出迎えを受ける(撮影・森沢 裕)
Photo By スポニチ

 巨人・丸が移籍2年目で初の“マツダ弾”を放った。2回1死で元同僚の大瀬良から左翼席へ12号ソロを運び「いいスイングができた」とコメント。27本塁打の昨季は1本もなかった古巣でアーチを描いた。

 4回は右中間三塁打でマルチ安打。3回の中堅守備では会沢の飛球を背走して追いつくもお手玉して落球(記録は安打)し、大量失点につながってしまった。
 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月22日のニュース