楽天・則本 7戦ぶり勝利!8回0/3を1失点「今日は仕事できたかな」トンネル抜けた4勝目

[ 2020年8月22日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天4-1日本ハム ( 2020年8月21日    札幌D )

<日・楽>ガッツポーズで笑顔の楽天・則本(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 苦しんだ分、感慨もひとしおだった。楽天・則本昂にとって7試合ぶりの白星。完封目前の9回、先頭から3連打を浴びて降板となった。2年ぶりの完封こそ逃したが、好投の事実は変わらない。6安打1失点。チームを2位に浮上させた。

 「ずっと仕事ができていなかったので、今日はできたかなと思う」

 4勝目が遠かった。7月10日のソフトバンク戦から長いトンネルに入った。もがくほど、出口が分からなくなった。フォームなどの課題を見直した上で、投球スタイルも原点に立ち返った。「いろんな球を使って抑えようとし過ぎていた」。自慢の剛速球で押し込んで、フォークで三振を奪う。本格派らしい「王道」で相手打線に真っ向勝負を挑んだ。

 最速は154キロで、最後までスピードが落ちることはなかった。9奪三振のうち、8個をフォークで奪い「自分の中で信頼している球。真っすぐが良かったので変化球も生きた」と胸を張った。

 久しぶりの勝利にも満足はしていない。「9回を投げ切って締めたかった。そこは課題として残った」。上位3チームで大混戦が続いているが、エースの力なくして「混パ」を制することはできない。(重光 晋太郎)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月22日のニュース