立命大・栄枝 7球団スカウトの前で強肩披露!二盗4回中3回刺した

[ 2020年8月22日 18:39 ]

オープン戦   日本生命4―2立命大 ( 2020年8月22日    日本生命スタジアム )

<日本生命・立命大>4回1死一塁、二盗を刺した立命大・栄枝裕貴
Photo By スポニチ

 立命大が都市対抗野球全国最多60回出場の日本生命とオープン戦を行い、今秋ドラフト上位候補の栄枝裕貴捕手(4年=高知)が「5番・捕手」でフル出場。阪神などプロ7球団10人のスカウトの前で二盗を4回中3回刺す強肩を披露した。

 「指のかかりが甘かったので(3補殺は)70点ぐらい。ベストのところに集められるように、もっと精度を上げないといけない」

 謙遜するが、3回とも余裕を持って刺した。打でも初回2死三塁から中前適時打。勝負強さも発揮し、ヤクルトの橿渕聡スカウトグループデスクも「スローイングに安定感があって、捕手としてのスキルが高い」と高評価していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月22日のニュース