日本ハム・中田 両リーグ最速20号!「完璧やな」自身8度目の大台到達

[ 2020年8月22日 16:01 ]

パ・リーグ   日本ハム―楽天 ( 2020年8月22日    札幌D )

<日・楽>5回2死、本塁打を放つ中田(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムの中田翔内野手(31)が22日の楽天戦の5回、両リーグ一番乗りとなる20号ソロをかっ飛ばした。

 3点をリードした5回2死、カウント2―1からの134キロフォークを右中間席に叩き込んだ。滞空時間の長いアーチストらしい一撃に「完璧やな。ここまで有原がいいリズムを作ってくれたので、中盤で援護点を取ることができて良かった」。まさに自画自賛の一発だ。

 ちなみに中田の20号一番乗りは2015年以来2度目。さらに20号以上は自身8度目となるが、日本ハム(前身球団を含む)の選手で通算8度以上記録したのは張本勲(13度)、大杉勝男(8度)しかいない。中田がレジェンドの仲間入りを果たしたことになる。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月22日のニュース