西武わずか2安打…連勝5でストップ 辻監督、被弾の宮川を擁護「今後に大いに期待」

[ 2020年8月22日 05:30 ]

パ・リーグ   西武1-3オリックス ( 2020年8月21日    京セラD )

<オ・西>8回途中から登板した西武・宮川(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 西武は相手先発・山崎福の前に4回の山川の16号ソロのみ。わずか2安打で引き分けを挟んだ連勝が5で止まった辻監督は「山崎が良かったよね。チェンジアップ、カーブ、変化球にうまくやられた」と脱帽した。

 同点の8回1死一、三塁で2番手に新人の宮川を起用。四球で満塁としたあと、ジョーンズに決勝の左前2点打を浴びた。それでも指揮官は「あそこで投げさせるのは力があるから。今後に大いに期待している」と右腕をかばった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月22日のニュース