DeNA ドラフト3位伊勢が23日プロ初先発「次の投手にいい形でバトンを渡せるように」

[ 2020年8月22日 14:39 ]

<中・D(11)>キャッチボールをする伊勢(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 DeNAは23日の中日戦(ナゴヤドーム)で、ドラフト3位の伊勢大夢投手がプロ初先発する。

 平良が背中の違和感で20日に出場選手登録を外れたことで、急きょ、真っさらなマウンドに上がる。ショートスターターとなる見込み。この日ナゴヤドームで調整を行い「一つでも多くアウトを取りたいです。次の投手に良い形でバトンを渡せるように頑張ります。イニングの先頭打者を出さないように気を付けながら、走者を置いた状況でビシエド選手を迎えないようにしたいです」と話した。

 伊勢は新人ながら開幕1軍入りを果たしたが、7月16日に抹消。2軍で調整を続け、21日に1軍に再昇格していた。今季は全て中継ぎで5試合に登板して防御率1・80。

 10日の阪神戦では武藤が5年ぶりに先発。ブルペンデーとして、6投手のリレーで勝利をもぎ取った。再び、救援陣一丸で白星をたぐり寄せる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月22日のニュース