ヤクルト・村上 7号2ランで球団3位タイ37試合連続出塁

[ 2020年8月9日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト4―5DeNA ( 2020年8月8日    神宮 )

<ヤ・D>初回2死三塁 先制の右越え2ランを放つ村上(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの村上が球団3位タイとなる37試合連続出塁を果たした。初回2死三塁から今永の内角への149キロ直球を右翼席に運んだ。7試合ぶりの先制7号2ランに「良い形で本塁打が出て良かった」と話した。

 6月25日の阪神戦から出塁を続け18年の青木に並び、打点もリーグトップの巨人・岡本に並ぶ40に上積み。しかし、チームは逆転負けで3位に転落し、高津監督は「今永は球の力もあるし、変化球の切れもある。次の1点が取れなかった」と悔しがった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月9日のニュース