日本ハムの4年目・玉井「いつもより緊張」プロ初セーブ

[ 2020年8月9日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム7―6西武 ( 2020年8月8日    札幌D )

<日・西>8回から登板し最後を締めた玉井(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 日本ハムの4年目右腕・玉井がプロ初セーブを挙げた。

 この日は守護神・秋吉が疲労を考慮されてベンチ外。代役で最終回を任されることが決まっていた右腕だが、出番は8回2死満塁。外崎を得意のシュートで捕邪飛に打ち取ると、回またぎとなった9回も3者凡退に打ち取った。「いつもより緊張したけど、いつも通りを心がけた」と安どの表情を見せた右腕に、栗山監督も「よく投げてくれた」と称えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月9日のニュース