西武4番・山川に9回2死で代打 初回のスイングで右足首ひねる、辻監督「無理させたくなかった」

[ 2020年8月9日 16:47 ]

パ・リーグ   西武1―2日本ハム ( 2020年8月9日    札幌D )

<日・西9>初回2死、空振り三振に打ち取られた山川は右足を痛める(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 一発が出れば同点となる1点差の9回2死。4番・山川に代打が送られた。

 山川は初回2死での第1打席で空振り三振を喫した際、勢い余ってバランスを崩し、右足首をひねった。

 その後もプレーを続けたが、4、7回には軸足である右足に体重を乗せきれず連続三振。辻監督は「最後は無理させたくなかった。(1打席目で)代えようと思ったけど、本人が大丈夫だと強く言ってきた」と説明した。

 現在リーグトップタイの14本塁打を放っている主砲。仮に離脱となればチームにとって大きな痛手だが、指揮官は「明日、あさってにならないと(右足首の状態は)分からない」とした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月9日のニュース