楽天・塩見 1095日ぶり本拠地勝利「今年一番の投球ができた」

[ 2020年8月9日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天4―2ソフトバンク ( 2020年8月8日    楽天生命 )

<楽・ソ>先発した楽天・塩見 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 楽天先発の塩見が、本拠地では17年8月9日以来1095日ぶりに白星を挙げた。

 初回から切れのある直球にカーブやフォークを効果的に織り交ぜ、相手打線に的を絞らせなかった。許した安打は散発3安打。6回2/3を無安打に抑え「今年一番の投球ができた」と納得の表情だった。久しぶりに上がったお立ち台。ファンに向けて「全然勝てなくてすみませんでした!どんどん勝って伝説をつくっていきましょう!」と勝ちどきを上げた。

 ▼楽天・田中(26歳の誕生日。2回に右翼線適時二塁打)チャンスで打てて良かったです。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月9日のニュース