巨人 貧打で3連敗…6戦連続1桁安打 原監督「なかなか打線がつながらないね」

[ 2020年8月9日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人1―3中日 ( 2020年8月8日    ナゴヤD )

 9回、リードを許す展開に、さえない表情の巨人・原監督(右から2人目)ら
Photo By 共同

 首位の巨人が逆転負けを喫し、今季2度目の3連敗。原監督は「1点じゃ難しいね。なかなか打線がつながらないね」と今季ワーストを更新する6試合連続1桁安打に終わった打線を嘆いた。

 「1番、2番、3番が、なかなかかき回せない」と評した通り、2、3番を担う丸が18打席連続無安打、坂本が13打席連続無安打と元気がない。今季は丸が打率.230、坂本が.232と開幕から調子が上がらない。試合前練習で指揮官自ら、丸に打撃指導する場面もあったが、現状打破には至らなかった。7月5日以来の1番に起用された重信も3打数無安打に終わった。

 「バイオリズム、まだ悪くないよ。まだまだ始まったばかりですよ」と指揮官。独走態勢を維持するには「サカマル」の復調が欠かせない。(青森 正宣)

 ▼巨人・畠(7回3失点と好投も1056日ぶりの先発白星ならず。7回に福田に3ランを被弾)ピンチの時こそ厳しく投げる意識をもっと持たなければいけなかった。

 ▼巨人・岡本(4回に11打席ぶりの安打となる中越え15号ソロ)しっかり振り抜くことができた。いい感覚で打てた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月9日のニュース