西武・本田 6回途中2失点粘投も4敗目、「調子は良くなかった」初白星遠く

[ 2020年8月9日 16:38 ]

パ・リーグ   西武1―2日本ハム ( 2020年8月9日    札幌D )

<日・西>6回途中、2失点で降板する西武先発・本田=中央(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 先発・本田は5回2/3を6安打2失点。粘って試合は作ったが4敗目を喫し「調子自体は正直良くなかった」と悔しがった。

 先制してもらった直後の初回、2死一、二塁から大田に同点の中前打。3回1死二塁では中田に決勝の左前打を許した。

 「そこからはテンポ良く投げることができたと思う」と6回2死で降板するまで無安打投球だったが、今季5試合目での初白星は遠かった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月9日のニュース