関大北陽・田中 公式戦初本塁打は念願の4番弾「感触は完壁」

[ 2020年8月9日 05:30 ]

大阪大会5回戦   関大北陽10-3東海大大阪仰星 ( 2020年8月8日    南港中央 )

<関大北陽・東海大大阪仰星>  4回、2死一、三塁、右越えに3点本塁打を放ち、ガッツポーズの関大北陽・田中       (撮影・成瀬 徹) 
Photo By スポニチ

 念願の4番弾で昨夏に続く8強に導いた。6―3の4回2死一、三塁、関大北陽の田中快生が、初球を右翼席へ運ぶ3ラン。高校通算15号だが、公式戦は初本塁打だった。

 「感触は完壁だった。後ろにつないでいこうという気持ちが、いい形で出たので良かったです」。辻本忠監督も「ずっと苦しんできた子なので、結果が出て良かったです」と目を細めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月9日のニュース