エンゼルス・大谷 今季2度目の3三振 前日の不屈弾から一転 マドン監督「スイングが違った」

[ 2020年8月9日 02:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス3―4レンジャース ( 2020年8月7日    アーリントン )

<レンジャース・エンゼルス>1試合3三振を喫した大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルス・大谷は今季2度目の1試合3三振を喫した。昨季12勝の先発右腕ライルスに変化球で2三振を奪われると、1点を追う7回1死一、二塁では右腕ギバウトのスライダーに空振り三振した。

 前日は右肘付近の「屈筋回内筋痛」で投手として今季登板が消滅して以来、初打席初スイングで豪快な一発を放ったが、6試合ぶりに3番で起用されながら不発に終わった。

 ジョー・マドン監督は「昨日のスイングとは違っていた。昨日のようなスイングでいってくれれば」と話した。(奥田秀樹通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月9日のニュース